-----撮影講座

-----撮影講座の情報ページです。
←ランキングに参加しています。
←プチッと応援していただけると励みとなります。

 
発掘!激安「訳あり」アイテム 4/30  09:59まで


◆店長愛用中♪ 自信を持ってお勧めする エックスサーバー  初心者にも丁寧親切ですよ♪

話題の特集記事

Windows7特集  ■解説  ■特徴と評価  ■アップグレードの注意点
◆ホームベーカリー特集♪    ◆本当に役立つ調理家電小物
地デジテレビ 設置手引書
カメラをカビから守る!
■DVD丸ごとコピー大作戦    ■DVD丸ごとコピー作戦2
暖房コスト比較。灯油が一番安いという常識は本当か?
インフルエンザと花粉対策に加湿器
デジ一眼用・タムロンの名交換レンズが最安値
パソコンが完全に壊れる前にHDD換装しましょう
激安家電情報は生ものと同じで、すぐ売切れてしまうので上記には記載しておりません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅葉撮影 【 奥日光 2007 】

竜頭の滝
え~っと、今年最初の紅葉撮影に奥日光にお出かけしてきました。(^o^)v
↑は竜頭の滝です。
少し変化をつけて滝の片側だけ撮影したものです。

構図をまとめる時に、何も全体を絵葉書のように写す必要は無いのです。 自分が美しいと思ったものに思い切ってクローズアップしてみましょう♪

紅葉状況ですが、今年は異常に遅く、その分今からでも充分間に合います。
竜頭の滝・湯の湖はやや盛りを過ぎています。
今は、中禅寺湖・いろは坂が真っ盛り♪(^o^)v
あと10日間は見頃だと思います。

↓は奥日光の景観を作っているミズナラの森の紅葉です。
ミズナラの森


奥日光のお宿予約状況はじゃらんで調べてみましょう

【日光・中禅寺湖のお宿】じゃらん


つづきに壁紙を用意してあります♪(^o^)
続きを読む
スポンサーサイト
紅葉撮影スポットのご紹介 【 奥日光 2 】
小田代が原
さて、いよいよ撮って撮って撮りまくります(笑)
とりあえず一番北の湯の湖まで行って、戻るように南下してみましょう♪

紅葉・お薦め撮影スポット

1.湯の湖周辺

国道120号線を北上すると、湯の湖で金精道路と湯元温泉方面に分かれます。

まだ紅葉が進んでいない場合でも金精峠なら大丈夫♪(^o^)v

金精峠

紅葉が見頃なら湯元温泉方面に左折しましょう。

無料の大きな駐車場があります。車を降りてカメラを担いでゆっくり散策しましょう。撮影ポイントはいたるところにあります♪

次は国道に戻ります。
金精道路との分基点あたりから湯の湖を狙います。

湯の湖

少し南下すると右側(湯の湖側)に3台ほどの駐車スペースがあり湯の湖から流れ出る湯川のスタート地点があります。そこも狙ってみましょう♪


2.湯滝周辺

もう少し南下すると湯滝入り口の看板が目に入ります。
右折して湯滝に向かいましょう。
有料駐車場に車を止めて、またゆっくり散策しましょう♪
いたるところ撮影スポットです(笑)

湯滝

次回もお楽しみにしてくださいね♪

奥日光のお宿予約状況はじゃらんで調べてみましょう

【日光・中禅寺湖のお宿】じゃらん





なるほどなぁと思われた方はクリックして応援してね♪(BLOG Ranking)



紅葉撮影スポットのご紹介 【 奥日光 1 】
いよいよ始まった紅葉シーズン♪
これから今年の紅葉時期のタイミングを見計らって、森が木々が朱色に黄金色に染まる撮影スポットをご紹介します♪

ご紹介スポットは誰でも簡単にお出かけできるのに、撮影した作品は、目を見張るほど美しく仕上がる場所を選定しました♪

第一回目と2回目は 奥日光です。
奥日光は栃木県に位置し、有名な世界遺産日光からいろは坂を登った辺りをいいます。

【下りの第1いろは坂から見た紅葉】 朝7時頃
いろは坂の紅葉
紅葉シーズンはメチャクチャ渋滞しますので、現地には朝6時までには到着するようスケジュールを組むのがコツです。
店長は午前2時には家を出ます(笑)

この登りのいろは坂を「第2いろは坂」といいます。上り下りの一方通行です。ヘアピンカーブの連続ですのでスピードを落として慎重に運転しましょう。

途中、明智平ロープウェイ乗り場を通りますが、早朝は運行していませんのでパスします。

中禅寺湖付近に着くとT字路に突き当たります。
右に行くと華厳の滝と下りの第1いろは坂方面。
左が、中禅寺湖・戦場ヶ原方面となりますので左折します。

中禅寺湖の朝 中禅寺湖は、広すぎてなかなか撮影が難しい場所です。県営駐車場近くの湖畔にカエデがありますので、湖水を背景に一枚♪
下の画像はもう少し進んだところにある、水産試験場の建物です。
中禅寺湖畔の水産試験場建物
次回は奥日光中を駆け巡って 素敵な紅葉写真をゲットしましょう♪

さて、日帰り圏の方は渋滞に気をつけているだけで良いのですが、遠隔地やこの際 温泉にゆったり一泊とお考えの方は予約状況がかなり厳しいです。 お早めに予約したほうが良いです!

今の気温変化で行きますと、紅葉ピークは
小田代が原 10月15日ごろ
戦場ヶ原   10月16日ごろ
竜頭の滝   10月17日ごろ
中禅寺湖畔  10月20日ごろ
と店長は踏んでいます。前後1週間が見頃です。

予約状況はじゃらんで調べてみましょう↓
【日光・中禅寺湖のお宿】じゃらん



奥日光小西ホテル 店長も何度か宿泊した小西ホテルは、湯の湖の素敵な温泉でゆったり撮影疲れを取り除けます。お料理も色々なコースがあり楽しめること間違い無しです。
小西ホテルの予約状況は下記です。
10月20日大人二人の予約の場合

日本旅行。旅プラザでも調べられます♪
【日光・中禅寺湖のお宿】日本旅行・旅プラザ




なるほどなぁと思われた方はクリックして応援してね♪(BLOG Ranking)



いよいよ撮影へ

さて、装備が揃ったら撮影にお出かけしてみましょう♪
ご近所の公園でも山奥の森でもとにかくでかけてみましょう。

秋は空気中に湿気が少ないので視界がとてもよいです。
遠くの山々の紅葉までパッチリ写ります(^o^)v

ではカメラの準備をしましょう。設定は説明書を読んでセットしてくださいね。で、最初は「おまかせモード」で撮影してみましょう。
 Kissの場合はこのダイヤルを「P」に合わせます。

次に三脚にカメラを固定し自分自身で感動した風景にレンズを向けます。ファインダーを覗いて見てください。感動がそのまま持続できてますか?持続できてるならシャッターを押しましょう。

感動が薄れた場合は、構図を考えて見ましょう。
つまり風景のどの部分に感動したのかを探るわけです。
何も説明写真のように全体を写す必要はないのです。

感動した部分がわかれば少しづつズームしてみましょう。
これも、あまり拡大ズームしすぎると別の作品になってしまいます。例えば紅葉した一枚の葉を画面いっぱいに広げるとか・・・
ですから、この場合はズームもほどほどに(笑)

結論は作品を見た人が「うわぁ素敵!私も行って見たい」と思わせるには、どんな構図で、どのくらいズームしたらいいのかを常に考えることです。
では、バシバシ撮影していきましょう。
「下手な鉄砲も・・・」です(^o^;;;
店長も100枚のうち2,3枚しか作品にはなりません(^^ゞ
次回はもう少し掘り下げてお話してみますね。
お楽しみに♪


なるほどなぁと思われた方はクリックして応援してね♪(BLOG Ranking)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。